忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

凪池 シリルが時折ぽつぽつと呟く場です。 ゲームの話題が中心。日常ネタもそこそこと。 ちょっとずつ、何か書いて行けるといいなあ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、世界樹の迷宮って奴はPCの台詞がまったく出てこないので
元ネタありのキャラ作成って奴が意外とやりやすいのですよね。
で、せっかく五竜亭ネタを書いてみたことだし、
ググって見ると五竜亭ネタでやってる人もそれなりにいるようだし
自分もちょっと考えてみました。

何人ついてこれる話題か分からん完全雑談の上やたら長いので
続きは隠します。

さて、んじゃあ職業ごとに当てはめられそうなキャラを考えて見ますか。

ソードマン:カールス
レンジャー:メロス・ソマーウィンド
パラディン:フンバルト
ダークハンター:ダイス
ブシドー:該当なし
メディック:マリア
アルケミスト:ガルフネット・ケド
バード:ヒースクリフ
カースメーカー:(ガルフネット)
ガンナー:該当なし
ドクトルマグス:ジョーダン・(ラッキースター)

ってとこ。では順に検証していきましょう。
ソードマン。能力・役割的にカールスがソードマンは文句の付け所がない。ただイラストは青髪のほう一択だろうがまあそれでも違和感は出るよなあ。自信にあふれる不敵な笑みは悪くないがその自信は長年の経験から来る深みというよりは若さから来る類のように思える。カールスというにはちょっと貫禄が足りない。……んがまあそもそも五竜亭のために作ってるわけじゃないんだから雰囲気の一致を求めるほうがおかしいんでそこは妥協するしかあるまい(まー、ダンジョンRPG検定とか見てるとスタッフは五竜亭知ってるように思えるけどねー)。まあ、そこに目をつぶれば運用に一番柔軟性があるのが彼だと思う。カールスが斧を使うことになっても違和感はない。彼は状況に合わせてこだわりなく武器や戦法を選べる人間だと思うからね。
レンジャー。これもメロスはまったく問題なし。ただイラストを金レンにするか緑レンにするかは結構悩む。外見的には緑のほうが近いとは思うんだが雰囲気的には金のほうが近い気が。つーか二作目になって緑レン変に若返ってないか。彼の29歳という年齢を考えると緑はなんかやんちゃっぽすぎて駄目だ。皆さんどっちにしてるんすかね。うーん、自分ならやっぱり金かなー。
ソマーのほう。フンバルトがいしゆみ使ったときに絶賛してたりなんか彼女は弓に対する強いこだわりを見せるのでやっぱりここだと思う。のでメロスは警戒歩行やステップといったフィールド・サポート系の能力から取るのに対し彼女は弓スキル特化で育てるとかいう運用になるかな。状態異常付加弓スキルを魔法と脳内で読み替えればますますそれっぽく。外見は……これもちょっと迷うけどエルフというものを考えると小娘よりは眼帯姐さんのほうが近いかなー。
パラディン。でっけえ盾と全身金属鎧、おっさんという外見で選びやすい。……んが、今作のパラディン攻撃力低い。しゃれになんないほど低い。ので、スターホーンでばったばったという活躍はなかなか見られないだろうというのがややネックではあるか。ただチョイスガードなんかはすごく彼っぽい。対象が女性陣限定になってしまうが。攻撃力を求めるならシールドスマイトなんだけど彼はあんまやりたがらなそうだなあ……あー、でもヒース辺りにノせられてると考えれば使ってもいいかもしんない。
ダークハンター。このゲームにはシーフという職業がないため、比較的雰囲気が近いところを求めるとダークハンターになる……と、いうよりは外見の問題かな。片目を前髪で隠している、という特徴が一致するために置き換えやすい。ダクハンが使う武器は鞭か剣。彼はダガー使いだから剣使いにしたほうが近くはなるか。……ジエンド強いんだけどね……。まあドレインバイトも十分魅力的だからそれはよし。あとはシーフっぽさを追求するならトラッピングは取るべきか。どうなんだろ今作のトラッピングは。前提条件厳しいからいまいち取るほどのもんかって気持ちが強いんだけど……まあ剣ダハならスキルポイントの余裕はそれなりにあるか。
メディックはマリア。外見はロリメディのほうで問題なかろう。回復以外録に何にもしない・できない、っていうのも普段どおりの彼女であれば彼女らしいと思う。配置も後衛でいいだろう。……だが、活躍の機会はあるかどうか分からなくてもへビィストライクは取んなきゃなるめえ。取ってますよね諸兄ら?ううむ、メディックはヘビスト意外は分かりやすく回復に特化された職業なんでほかはあまり話題がない。
アルケミスト。所謂魔法使い的な立ち位置なんでこれまたガルフネットはまったく問題なし。所持金が個人じゃなくてギルド単位なんでその辺が演出できないのが寂しいけど。Wizならできるのに。いやWizならやるのかよ面倒くさいな(笑)。ケドは逆に魔法は使わないもんだという制約のおかげでよほどピンチにならないと術式使わないとか相当愛のいる運用になっちゃうのかな。まあよほどのピンチなんてしょっちゅう訪れるわけだがこのゲーム。それはさておき、それでもアルケミスト・ケドを作成したい理由はちょっとある。2になって出てきた「アルケミストがいないと通れない道」、古代文字を解読して進むという作業はガルフよりケドがふさわしい。ので、とりあえず登録しておいてそこ通るときだけケドをつれてってキャッキャすればいいと思うな。
バード。ヒースクリフ。これも特技が呪歌ばっかなんで運用的にはなんら問題が見当たらない。ただ彼もやっぱり外見でちょっと迷う。美形なんだし、オレンジ髪のほうが近いのかもしれないが、どうにも彼の表情は幼いというか明るすぎるというか。なんか雰囲気的にかみ合わないものを感じる。奴は芸術のためならフンバルトも見殺しにするといった奴であることを忘れてはならない。ので、銀髪のほうがこう、世間から一歩はなれて観察している、という雰囲気は出ている気がするんだよね。これも2になって微妙になった気もするけど。1の銀髪のほうがより観察者としての雰囲気は出てたかなー。なわけでこれもやっぱり自分なら銀髪のほうにするかな。
カスメ。()でガルフ。まあ微妙だとは思うんだが。しかし原作の彼女見てると単純に攻撃魔法をぶっぱなすよりは、便利魔法を効果的に使えたときのほうが生き生きしてる気がする。睡眠や弱体化の呪言はそれなりに彼女っぽい気もする。あとはこう「相手の技防ぐだけが封の呪言とちゃうで!これならおっさんのとろい攻撃でも当たりやすいやろ!」みたいな。うん、関西弁無茶苦茶なのは勘弁していただきたい。筆者は生まれも育ちも関東圏なんで限界があります。あ、外見は刺青カスメがそれほど遠くもないと思ってる。しかしまあ、ペイン砲には使えまい。
ドクトルマグス。ジョーダンは即席フレイルでゴブリンだかなんだかを一人で追っ払ってるあたりD&D的な普通に前にも立って戦えるタイプの僧侶なんだと思う。ので、メディックよりはこっちのイメージ。ただ、彼は「宗教戒律上絶対刃物を使わない」なのでそこにこだわるとやっぱりちょっと苦しい運用になる。巫剣関係のスキルがまったく取れない。だったらメディックでよくね?という脳内ツッコミが入りそうになる。が、杖の攻撃力は普通に高いしまあ克服できないほどのものでもないか。イラストは……まあやっぱりかみ合わないがモノクル爺で妥協するしかあんめえ。
あー。で、ラックね。うん。自分でも微妙すぎると思うんだ。そもそも彼は実際の冒険中にどういう立ち回りなのかさっぱり分からんのでそもそも選びにくいんだ。()であえて入ってるのは完全に外見。褐色肌と顔の形からかろうじてラックと思えなくもない、という理由。まあそれであえて突き進むならジョーダンとは真逆に巫剣中心のスキル選択になるかな。いやこー、せっかく上る迷宮なんで無駄にダイスメロスラックの三人で歩かせてみたくなるじゃないか。ロマンだよロマン。しかもラックが回復するという一点にのみ目をつぶればこの三職で歩くのってそこまでバランス悪くないじゃないかくそう(何)。

さて、で、出てきてないのがビッケムと赤熊か。ビッケムもやっぱり実際の冒険で何やってるのか分からないから選択しにくいんだよね。逆に何やっても文句は出ないのかもしれないが。外見から選ぶことも難しい。うーん、ショタパラか褐色ダクハンなのか。トリッキーな戦い方はしそうだからどうしても出したいなら褐色ダクハンになるのか。うーんうーん。
赤熊のほうは……うん、斧ならソードマンなんだけど……このゲーム、イラストを目にする機会はかなり多く訪れるんでやっぱり外見がかけ離れすぎてると結構きついもんがある。脳内フィルタにも限界がある。逆に外見から考えるなら……んー、おっさんガンナーというのは一つの手か。ちょうどいないガンナーが埋められるし。ドワーフがガンナーってなんか違和感なく受け入れられるんだよね。なんでだろ。ルナルかアリアンロッドあたりの影響だろうか。でも銃という精密さと大胆さをもつ機構って言うのはファンタジーで開発するならドワーフっていう気もするんだよね。あとは、うん、ペットの熊?うん悪かった。ゴメン。
アトラティアヌスはそもそも冒険に出てる気がしないので除外。ヴィヴィ?彼女にデータなんて必要か?ついてきてると思えばついてきてるさ。それでいいじゃないか。

番外編として赤髪長髪という点が一致するのでソードマン:ベルというのもなくはないけどやっぱり彼女ももう冒険に出るイメージじゃないなー。でもほらあれだ。町で待ってるという解釈で、日数経過宿屋宿泊用要員として登録するのはありだと思うな。うん。それで時々アクセサリでも買ってあげればいいと思うな。


うひょおなげぇ。我ながらこだわりすぎだと思った。うん。実際にやることはないだろうなー。
まあその、例のあのやっちゃった記事を流すためだからいいんです。はい。
いるか分かりませんがここまで読んだ方お疲れ様でした。
後原作手元にないんで突っ込みどころがあるでしょうがそれは甘んじて受けます。はい。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.50No.49No.47No.46No.44No.41No.40No.38No.36No.35No.33
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
(05/08)
(05/07)
(05/07)
(06/24)
(06/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
凪池 シリル
性別:
非公開
自己紹介:
はぐれ雑文書き:凪池シリルです。
現在テラネット主催のウェブトークRPG Catch The Sky にてマスター活動中。ご縁がありましたらよろしく。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター