忍者ブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

凪池 シリルが時折ぽつぽつと呟く場です。 ゲームの話題が中心。日常ネタもそこそこと。 ちょっとずつ、何か書いて行けるといいなあ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何でもいいから今年は更新頻度を上げるべくがんばろうの巻。


いやー、一巻から二巻サントリニテのあたりまではネタ漫画として出来心で買っちゃった感が強かったんですが……
巻を重ねるごとに面白くなるなー、これ、と。
そして面白いと思う自分が微妙に悔しくなる面白さだよなーと。

なんだろう。こないだのNON STYLEと逆というか。
理性ではこれしょうもねーなーと思ってるはずなんですよ。
でも……それでもこう、どうしようもないんですよ。感情が震えるんですよ。
冷静にやってることを見れば馬鹿馬鹿しい、
どこから突っ込んでいいか分からないくらいネタなのに。
話の展開だってまあ、予想のつく、手垢にまみれた感動パターンだって言うのに。
そうだよなあ。ブッシュJrはあんな流れになるのは正直予想出来てたよな。
メドベージェフの時は「こいつ活躍するのか」っていう意外性が感動を押してくれたけど、
これは予想できたというその上で感動させられた。畜生何故だ。
逆境ナインとかと同じノリの感動だよな、これは。

なんというか、結局どれほどの物語が生み出されようと、
根源的に人間が感動するツボってあんまり変わらないのかな。
そしてその一つに熱さがある。
読み手を飽きさせない「王道」を描けるのは凄いってことなんだろうなー。

あー、でも三巻になっても一番好きなのは今のところティモシェンコたん。
カザフスタンのときの「人格が豹変する黒さ」よりも、
「チェルノブイリは伊達じゃないのよ」の大人な顔を見せる黒さよりも、
今回の「あらやだ!!しぶといわねえ……」みたいな幼い顔そのままに黒いところ見せるほうが
見せ方としては好きだな。この辺いつか方向性を定めて欲しい。



ってしかし、
普通に漫画に登場するキャラ名で語ってるだけなのに
このやばいこと書いてる気分はどうにかならんもんか。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.113No.112No.111No.110No.109No.108No.106No.105No.104No.103No.102
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
(05/08)
(05/07)
(05/07)
(06/24)
(06/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
凪池 シリル
性別:
非公開
自己紹介:
はぐれ雑文書き:凪池シリルです。
現在テラネット主催のウェブトークRPG Catch The Sky にてマスター活動中。ご縁がありましたらよろしく。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター