忍者ブログ
2017.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

凪池 シリルが時折ぽつぽつと呟く場です。 ゲームの話題が中心。日常ネタもそこそこと。 ちょっとずつ、何か書いて行けるといいなあ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

段々剣士と薙刀士の月齢が離れてきて、なんか世代間が微妙になってきたので今回からタイトルの書き方を変更します(

六年目10月
三春さん最後の出撃。
そうだ、清水取ったのに紅蓮の奥に行ってないや、と気がついて何となく見に行く。
奥義、正太燕返し大三春旋風を編み出す。

……って、結局この二人が奥義全部開けちゃったよ。


六年目11月
三春第一子、桂恋誕生。
ということで三春さんは現役引退、訓練中は正太一人旅です。
一人の場合、大体九重楼か鳥居千万宮ですな。今回は鳥居の方へ。
……剣士は基本、敵一体しか攻撃できない。なのに大将は後列、しかも敵前列は四体、とかなるとひたすらうざかった雑魚戦。
……が、こいつをこれまでの剣士と同じだと思うなっ! 見よ、奥義疾風剣!
……というわけで後列の大将をいきなり狩れるので鉄クマあたりまでは楽勝です。消費健康度も2だし、そもそも大将が前列にいてくれれば普通に殴ればいいんだし、で、とりあえずめんどくさくなったら使っちゃう、で特に問題なさそうかな。


六年目12月
じゃあってんでこの月は正太一人で九重楼。
先述の奥義もあるし、いっそショートカットあけるために上がれるところまで上がってみるか?
と、気軽に戦っていたのですが。

紅こべ大将の吸収能力を忘れていた。

敵二体を吸収されたところで、与ダメ・被ダメ共にこれはヤバいと判断。
一人ということで、はじめて自主的に退却を行う。ぬーん、後半はやはり油断してると落とし穴が。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.174No.173No.172No.171No.170No.169No.168No.167No.166No.165No.164
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
(05/08)
(05/07)
(05/07)
(06/24)
(06/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
凪池 シリル
性別:
非公開
自己紹介:
はぐれ雑文書き:凪池シリルです。
現在テラネット主催のウェブトークRPG Catch The Sky にてマスター活動中。ご縁がありましたらよろしく。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター