忍者ブログ
2017.05│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

凪池 シリルが時折ぽつぽつと呟く場です。 ゲームの話題が中心。日常ネタもそこそこと。 ちょっとずつ、何か書いて行けるといいなあ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

十年目3月。
選考試合。普通に勝った。


十年目4月。
鳥居千万宮。狐次郎、お紺撃破。
……うん。ほんっとーに赤い火でないんだよ。ごめんね。そろそろ可哀想なんだけど……


十年目5月。
念願の石猿が手に入ったということで、挑んでみやしょう崇良親王
ほんっとーに物理攻撃が痛いんだけど……まあ、前後一人ずつに分かれているわけだから足踏み以外は基本、一人しかダメージ受けないわけで……。
それでも、石猿なかったらと思うと……なダメージは出してきてくれるんですけどね。
防御を上げていれば円子で回復量は足りる、かつ、基本片方しかダメージ受けないということは回復要員も一人でOK。
殴るタイミング、は一番取りやすいボスだな、良く考えたら。
つことで撃破。
それにしても、金色の館の「邪気」は正直、あえて苦労する必要性をどうしても感じられない。正直、火術UpやDownと比べてきつい上に対策も金かかるだけ、って感じなんで……黒鏡&陽炎で戦闘自体を避ける方向に対策しちゃうなあ……。
これはこれで、面白みというものをまったく感じない。まして、卑弥呼、手前でも取れるんだもんなあ……。
これ、他の方はどう思ってるんだろ。


十年目6月。
ボス戦がさくさく行くので、紅蓮の祠にて赤猫お夏に挑むことにする。
こちらが考えた戦術は、あゆみに速瀬をかけてから、浅香に萌子、そして源太両断殺で一気に決着を付ける、というもの。
傷なめ、という全回復特殊行動に対し、二人で取れる対策といえば、一気に致死ダメージを与えるしかない。
が、ここに手招き、という混乱技まであるから凶悪。あゆみに速瀬をかけておくのはそのためで、浅香が混乱したら即、仙酔酒をかける体勢に……出来たらいいな、というささやかなおまじない、である(弱気
そんなわけで源太両断殺、いっけー!
……1824ダメージでしたorz。ちょ、ちょっと足りない……
あえなく傷なめで回復され、ええい今のはタイミング的に萌子きれてたかも、とリトライ。
……1768。orz
うぬぬ、これはやばいか? 夏狂乱も手招きも通常攻撃も即対策は取れるのでこちらも早々倒れない。
だが千日手が続けば術力でこちらが負ける……
と思っていたら、あゆみが殴った直後に萌子がかかった浅香の手番が来る。ここで両断殺。三度目の正直にして撃破。
……そうだよな。薙刀士のダメージが200ちょい、このダメージなら回復にはいかれないわけだから、そこから両断すりゃいいのか。解ってみればなんでこんな簡単な解決法が思い浮かばないのか。

しかし、三度も両断殺打って健康度大丈夫か? と思ったら、しれっと回復していた。意外と平気なんだな。

あ、ついでに。赤火でもないのになんか七天爆が取れた。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.185No.184No.183No.182No.181No.180No.179No.178No.177No.176No.175
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(05/08)
(05/07)
(05/07)
(06/24)
(06/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
凪池 シリル
性別:
非公開
自己紹介:
はぐれ雑文書き:凪池シリルです。
現在テラネット主催のウェブトークRPG Catch The Sky にてマスター活動中。ご縁がありましたらよろしく。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター