忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

凪池 シリルが時折ぽつぽつと呟く場です。 ゲームの話題が中心。日常ネタもそこそこと。 ちょっとずつ、何か書いて行けるといいなあ。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二年目11月。
ま、なにはともあれお雫はとれた。お雫をとって何がしたかったかというと、稲荷ノ狐次郎戦である。
というわけで、鳥居千万宮にれっつらごー。まずは主に燃え髪大将相手に経験値と奉納点を稼ぎつつ。
術が、赤火でもないのに防人、業ノ火、地鳴りと、中々に悪くないと思うものが出てきました。
業ノ火も地鳴りもコスパの良い術として通常戦の併せによさそうだし、防人はこのプレイではわりと有用なんじゃないかな……とホクホクしつつ、いよいよ目的の暗黒大鳥居へ。中ボスと対決です。
この敵も、今までの経験からすると花連火連打されるとダメージが辛かった記憶。結構行動が速くて、こちらが立て直す前に連撃と化された覚えもあるんだよな……と不安になりつつ。
とりあえず剣士が殴ってダメージを見つつ、薙刀士がお雫で回復する作戦で様子を見よう……

あれ? 普通に殴っただけで200オーバーダメージとか与えたよ?

で、向こうからの攻撃は? 一撃で30~40くらい?
……とりあえず回復はいいや、と二人して殴ってたら……結局、花連火を撃たれることなく普通に倒してしまった……。


二年目12月。
んー。順調だがしかし、まだボスに挑むにはちと不安があるなー……と行き先で迷っていると。
12月……。12月なんだよね……。いっちゃうのか、大江山
悪羅大将ですらぶつかったことなしだぞ……? さすがにちょっと無謀な気が……。

するんだけどまあ、普通に迷宮攻略するのも大分だれてきたし。よし、いったれ(

ビビりのくせして深く考えないという良く分からんクオリティ。それが俺。((

軽く紅こべ相手でスパーリングをしつつ、まずは悪羅対象に初挑戦。
……ぬ、まだ互いに一撃入れるだけでは倒しきれない。削りきれずに逃げられることがあるなあ……。
力溜めをしたりお雫を打ったりと悪あがきをしてくれるんで、倒せることもそれなり以上にはあるのだが。
逆に言うと二ターン分攻撃出来れば、すなわち悪羅大将が力溜めしてから実際に殴ってくるまでの間には倒せてしまうので、怖い攻撃は貰わない。つまり逃げられることもあるが死ぬ危険性はとりあえずなさそうなわけで。
そんじゃあ経験を重ねてみますかと突き進むうちに瘦せ仁王太り仁王のところまでたどり着いてしまう。

――やるか。
――やろう。
そのようになった。

で、どんな感じなのかというと……やっぱり、思った以上に松葉彦が普通に殴るだけでダメージを出してくれる。
……うん、結論から言うと問題なく斬り伏せてしまった。

このダンジョン、火属性攻撃が弱まるし、普通に四人で攻略して二年目にここ来たときは、もっとダメージ出すのに苦労した記憶なんだけど……。

なんだか、苦行プレイのつもりだったのに逆に効率化のヒントを得ているのでは、という疑念ががこのあたりから頭をちらつきはじめる。
もしかして、序盤は、慌てて四人頭数をそろえようとするより、三人目、四人目は奉納点1000点くらいまでは我慢してそれから一気に攻略かけたほうが良いんじゃあ……?
……今度、検証してみるか?
いや、そんな暇あればですが。

いやだって、このレポートが終わるころには、きっと多分次回作が出てますよねー? でてますよねー?

楽しみに待っています。

拍手[0回]

PR
二年目・9月。
若手が二人揃ったところで、じゃあ七転斎様に挨拶でもしてくか、って感じで気軽に九重楼へ。
松葉彦の体火の高さと、初代がみそぎの剣まで残してくれたので攻撃力はなんとかなるだろう、と、このあたりからはもう気軽。
 
二人で仲良く殴って転がっていただきました
 
紅こべはわりと行けそう、というのはすでに待子と二人で出掛けた時から感じていたので、適当に塔を登る。一応赤い火も出ていたが、成果らしい成果はくららのみと、今一つ惜しい結果に。
 
 
二年目・10月。
……さてと。二月戦ってみて分かりましたが、こいつらすでに結構強いぞ。七転斎は初代があっさり超えた壁、もっと先を見据えていきたい……が、しかし他の中ボス戦を視野に入れるとなると……そう、お雫が欲しい。
しかし取りに行くとなると相翼院の奥。普通に走るだけではあっさりモードだと時間が足りない。
だからこそ速瀬を何としても取りたかったのだが、……出ないときはでないんだよねえ。
と、ここまで悩んだところで、この記録をつけていたからこそ速風の御守の存在を思い出す。
 
ちなみにこれまでのプレイだと速風の御守どころか雑貨屋の存在自体忘れていることが多い
 
そう言えば御守も神仙水も買えばいいんですよねー。
はっはっは。そういうわけでそれなりに長い俺屍プレイ歴を経て、はじめて雑貨屋で買い物するやもしれん(
 
ということで速風のお守りを3つ買い、即使用して相翼院をだーっしゅだーっしゅだっしゅ。きーっく……は、拳法家がいないから出来ない。そもそも相翼院で全力で走るとそうそう敵と当たらないよね。だっしゅ。
もう、このネタも理解されない時代なのかな……

で、問題なく奥の院へ。
右に入って、まずは橋で燃え髪大将とたたかってみる。問題ないってことで更に進んで、とにかくぶつかりまくって、出ましたお雫
 
よしっ……
よしっ……
 
と、浮かれたテンションで突き進むものの、その後雷電を太鼓持ちに持ち逃げされるという事件が発生。

……。く、悔しくなんて無いんだからねっ。
 
えー。余裕で勝てる敵だからって調子こくのはほどほどにしましょう。欲しいアイテムが出たときは、戦術確認はしっかりと。
このゲームの基本ダヨ。
 
教訓:薙刀は下手に太鼓持ちを殴らない。
 
グギィ。

拍手[0回]

では、ここから第二世代行きましょう。
剣士はそりゃあ、ゲーム上は当主の名前になっているわけですが、タイトルは本名で行きます。
 
二年目・6月。
待子第一子、健勝誕生。
見事に青髪青目の白い肌。資質は……こりゃまた見事に水に偏ったな。
二代目でこの技水の高さは、サポート役として大いに期待できるが……うーん、技の風が低いのがちとネック……か?
 
そんなこんなで今月、来月と待子は健勝の訓練。
松葉彦、出撃第二回にしてたった一人の戦いである。
……今後当主は、基本全員この道を通るんだよな……。厳しい世界だ。
 
さてと。どこ行きましょうか。
7月。正直なところ速瀬が取れてないんで白骨城行きたいが……一人白骨城、なあ……中ボスは無理として、鉄クマ大将がいけるか……。
 
まあいいや、行ってみっか(
 
と、無計画に突っ込んでみたのだが、この時点ですでに鉄クマ大将、殴り倒せるようになってた。
問題なく4階をうろうろするものの、速瀬はとれず。なんか宝鏡いっぱいでたから良しとしよう。
 
 
二年目・7月。
この月も一人白骨城。
……蓑わらじ×2が前に出てる構成だとちと厄介だなー。鉄クマが倒せるのに蓑わらじは一撃で倒せない。手間取ってるうちに地鳴り・地鳴り・業の火とかやられると大分持ってかれます。
とはいえ、死が見える域ではない。押し切りつつ、戦闘後に回復で間に合う程度なので、面倒臭いがやばくはない。
地道に戦闘して……この月も目立った成果なし。
 
 
二年目・8月。
防具屋が三割引きだったので、地蔵ノ石甲を購入。あ、うん、武器防具なんかを売り払って得た金で地道に復興はしていました。とりあえず商業一本伸ばし。とりあえずね。
健勝が初陣となり、この世代のタッグで初出撃。
向かうはやはり白骨城。健勝にはやはりブンブン刀を持たせていきますが……とりあえず今のところ、気になるほどダメージ低い、ってことはないかな。やっぱり、技の風の伸びの悪さは気になりますが……。
ドロップ品は大した戦果なし。
 
大きなピンチも無く、及第点で初陣を飾りました。
そうして、仲良く戻ってきた新たな世代を見届けるようにして――
 
待子、永眠。
享年、一年八カ月でした。……お疲れ様。

拍手[0回]

二年目・3月。
戦いに明け暮れるだけが定めの修羅の一族に喪に服している暇も無く。
戒理さまが行った戒理さまの訓練結果をご報告します」
などというすっとこどっこいな台詞と共に今月スタート。
本当に神妙な気分が一瞬ですっ飛ぶ。やってくれたなイツ花。
 
……そうか。当主が死ぬ月に次期当主を訓練するとこうなるのか……。
思わぬところで変な俺屍トリビアが増えました(
 
で、この月はどうするかというと。
まあ、しつこいようですが月管理に失敗したので……松葉彦の訓練が終わっておらず。
自習させて待子がまた一人出撃か、待子が訓練して休養か……。
 
うーん、ここはもう、次世代に頭を切り替えていこう、ってなわけで、この月は休養。
 
 
二年目・4月。
そして迎えたこの月、待子が一歳四カ月となったので彼女も交神を。
薙刀士はこのプレイだとサポート、回復役に回ることが主体だろうから、水を優先すべきだろうか……。
だがブンブン刀の取り回しを考えると、風もほしいところ……。
というところで、探すのは「技風がそれほど低くない、水の神」。
これに当てはまるのは……し、白波 河太郎様……?
 
書き忘れてたけどいつの間にか解放してました(
 
……ちょっとまえに、のっけから色モノはどうよ、とか言った気もするが……。
い、いや、ちゃうねん。あれはあくまで、今欲しい資質ではなかったからそういうネタにしただけで。ね?
うん。というわけで今回は白波様でいいや。
 
いやまあ、白波様の交神台詞、神様なのに謙虚で好きですよ。心はイケメンですよこの御仁は。うん。
 
 
二年目・5月。
さてと。松葉彦三カ月。そしてこの時点で待子、まだ健康度は100。
……うん、分かっていたのだけどこのタイミング。世代が異なる2人出撃はありなのか? という問題ですが。
ありにしちゃいます。あくまで剣・薙刀の二人ならばよし。親が長生きしたからって親子出撃するのはNGとします。
 
っていうかお気づきの方はお気づきでしょうが、実は言うと本来はこの二人が同世代、更に言うならこの二人こそが兄弟なんですよね……。
うん、この二人が初代の子であり、そういう意味では一子相伝プレイとか言っていきなり間違ってますけど……。
あくまで剣士家系と薙刀家系での、これからの話、ってことでご容赦願いたい。
 
で、何処行くかというところで……ここは初陣なので戦いやすさを考えて鳥居千万宮。

首切り大将は問題ないとして、紅こべ相手なんかの具合を確かめつつ。さすがに燃え髪はまだ遠慮しておいて……
と、初陣だけあって地味に着実に戦果をあげて行きました。なんか火車とか出た。
松葉彦は技火が高いんで、意外と使えるかもな……。

とまあ、しっかり初陣の子を引率してくれた、これが。
待子の、最後の出撃と相成ります。

拍手[0回]

……それにしても思ったよりも記録が長引くなあ。
一記事で半年ぐらいずつダイジェストで書けると思っていたのに。
初代って一番短くなるはずなのにこれじゃどんどん実ゲームと間隔が開いていくぞおい。

だがしかし、これからもきままに書くのであった。

二年目・1月。
ついに年をまたいで、ここから二年目。交神したばかりなので子供はまだ来ない。
さて、月の管理をミスったせいでこの時点で戒理の健康度はすでに88。もはや衰えが見えている。
この状態で出撃すべきだろうか?
する。迷いはない。次の世代も誕生したしもう恐れるものはないのだから。
そして、まだやれることがある。
ということで二人で出撃。今回の出撃の目的は何かというと燃え髪大将に挑戦すること。
これまでの俺屍経験からすると、こいつの花連火からとりまきのラッシュで事故死する、という経験が何度かあるため、
序盤でぶつけるのはかなり躊躇ってしまう敵なのだが……。
だからこそ。今進んで、どのくらいでいけるのかを次世代に示す。無駄に足踏みし続けるわけにいかないのだから。

出撃先は鳥居千万宮。花連火とともにお焔の連発が来たりすると怖いのだが……
現時点での結果としては、戒理と待子、一撃ずつ当てれば倒せる、というものだった。
雑魚も薙刀がまとめて対処できるし、危なげはない……剣士が一撃出来ないので、タイミングを計り損ねると逃げられるが。
その辺はまだ、敵の数と戦利品を考えて動く必要があり、か。
しかし、結論としてはそう、今の彼らでも十分いける。ということは、次世代ならばわりとすぐに突っ込んで大丈夫だろう。
次の子らに進むべき道を示し、初代当主・戒理。これが最後の出撃となる。

二年目・二月。
戒理の第二子、松葉彦誕生。

名前? うん、委任一発決め(

緑の髪に緑目、そして白い肌と、狙った特性と大分違う特徴が出てる気がするんだけど……と思いながら資質をチェック。
う、うにょ? 高ぇ。身体の火も技の火も高いじゃないですか!
心の資質が全体的に低いのがちょっと気がかりですが、しかしこれは悪くなさそうですな。
では初代、二代目の訓練をお願いします。

と、そういうことでこの月、実戦部隊は待子一人となる。
まあ、無理させずににとりあえず雑魚狩りしましょ。いざ、出陣!

「お待ちください、当主様! 隊長がいなければ出陣できませんッ!」

あっはっは。そうだった。出撃準備じゃなくて個人情報⇒訓練の流れで当主外したから、隊長不在でやんの。
改めて設定し直して、Go。
というわけで待子ちゃん……いやもう彼女もちゃんって年齢じゃねーな。待子さんにはなるべく多く敵を倒していただくべく、ぶつかりやすく倒しやすい九重楼へ。
いつの間にやら彼女も鉄クマ大将あたりは問題なく倒せるようになっていて。何気なくマビサシ兜なんかも持って帰りつつ順当な成果を上げて帰還。


……

そしてこの月。
息子の訓練を終え、孤独な戦いを終えて戻ってきた娘を迎え入れてから。
戒理、永眠。
……享年、一年六カ月。
初代はそういうものだと分かっていて、全て覚悟を持って迎え入れた今日この時だけど。
やはり、何度迎えても、なんとも言えない気持ちになるのだよね……。

拍手[0回]

Prev5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  →Next
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(05/08)
(05/07)
(05/07)
(06/24)
(06/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
凪池 シリル
性別:
非公開
自己紹介:
はぐれ雑文書き:凪池シリルです。
現在テラネット主催のウェブトークRPG Catch The Sky にてマスター活動中。ご縁がありましたらよろしく。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター